乗客からのメールで発覚…車掌、乗務中に加熱式たばこ吸う「我慢できなかった」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 名古屋鉄道は17日、豊橋発新鵜沼行き快速特急(8両編成)の車内で、乗務中の車掌が加熱式たばこを吸っていたと発表した。

 同社によると、車掌は15日午後9時10分頃、同電車が国府―本宿間を走行中、乗務員室で加熱式たばこを吸った。乗客からのメールで発覚。車掌は聞き取りに「我慢できなかった。煙やにおいが残らないので、ばれなければいいと思った」と話し、2月以降、乗務中に複数回喫煙していたことを認めているという。同社は車掌の性別や年代を明らかにしていない。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2294749 0 社会 2021/08/18 14:47:00 2021/08/18 14:47:00 2021/08/18 14:47:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)