読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

宿泊施設利用の知人ら訪問、5人で飲食の市長「大変軽率だった」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 福岡県宗像市の伊豆美沙子市長は20日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言期間中に、知人ら5人と飲酒や食事をしたと明らかにした。

新型コロナウイルス
新型コロナウイルス

 伊豆市長によると5月27日、知人が福津市内の宿泊施設を利用すると聞き、私的な用件で訪問。知人やその同僚らと乾杯した際に、おちょこ大のグラス1杯の日本酒を口にするなどしたという。

 記者会見した伊豆市長は「不要不急の外出自粛や酒類提供の停止などへの協力をお願いしていた立場でありながら、大変軽率だったと深く反省している」と陳謝した。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2302385 0 社会 2021/08/21 13:54:00 2021/08/21 13:54:00 2021/08/21 13:54:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/20210820-OYT1I50181-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)