女性看護師がタクチケで男性宅に、約85万円分を不正使用…「面倒だった」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 神戸市民病院機構は20日、神戸市西区の市立西神戸医療センターの女性看護師(36)が、深夜帰宅用に認められているタクシーチケットを162回にわたって不正使用したとして、出勤停止6か月の懲戒処分にしたと発表した。看護師は同日付で依願退職した。

 機構によると、看護師は2017年4月~21年6月、チケットを使って病院から同市灘区の知人男性宅までタクシーに乗車。不正使用は162回、総額84万8680円分で、看護師は全額を機構に弁済したという。同僚の指摘で不正がわかり、看護師は機構に「(いったん自宅まで行くのが)面倒だった」と説明したという。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2302149 0 社会 2021/08/21 10:31:00 2021/08/21 10:31:00 2021/08/21 10:31:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)