ロシア人名乗る男性「国後島から泳いできた」…北海道東部で亡命求める

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

北海道警察本部
北海道警察本部

 北海道東部の 標津しべつ 町で、ロシア人を名乗る男性が「国後島から泳いできた」と話し、亡命を求めていることが21日、関係者への取材でわかった。北海道警が男性に事情を聞いており、今後、札幌出入国在留管理局が詳しい経緯を調べる。

 北方領土の国後島から標津町までは約20キロ離れている。同局が詳しい上陸手段や男性の身元について確認を進め、対応を決めるとみられる。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2302235 0 社会 2021/08/21 11:23:00 2021/08/21 12:56:01 2021/08/21 12:56:01 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/20210821-OYT1I50047-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)