読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

娘2人連れた母親「夏休みの思い出に」動物園へ…「宣言」に人出の抑制効果薄く

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 緊急事態宣言の対象地域が拡大されても、京阪神の主要駅周辺の週末の人出に大きな変化は見られない。

 携帯電話の位置情報からエリアごとの滞在人口を推計するNTTドコモの「モバイル空間統計」のデータから、2週間前の土曜日(7日)と比較。

 14日は西日本が大雨に見舞われたこともあり、大阪・梅田、京都・四条河原町、神戸・三ノ宮駅で9~18%減少。21日は大阪・梅田が6%減、京都・四条河原町、神戸・三ノ宮駅がいずれも9%減にとどまった。

 前日の20日、京都、兵庫の両府県が緊急事態宣言の対象地域に追加されているが、これらのエリアでは人出の抑制効果が薄いことがうかがえる。

 宣言追加に伴い、23日から臨時閉園する施設もあり、京都市動物園は21日、親子連れらでにぎわった。娘2人と訪れた奈良県五條市の会社員女性(48)は「夏休みで最後の週末になるので来た。子どもたちの思い出になれば」と話していた。

週末の三宮センター街を行き交う人たち(21日午後6時32分、神戸市中央区で)=吉野拓也撮影
週末の三宮センター街を行き交う人たち(21日午後6時32分、神戸市中央区で)=吉野拓也撮影

 21日も全国的に雨が降り、人が少ない行楽地があったが、来週後半は天気が回復する見通しで、人出が増える可能性がある。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2303987 0 社会 2021/08/22 09:04:00 2021/08/22 19:26:44 2021/08/22 19:26:44 緊急事態宣言下の週末に三宮センター街を行き交う人たち(21日午後6時32分、神戸市中央区で)=吉野拓也撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/20210822-OYT1I50021-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)