「すべて私が悪かったことでございます」河村たかし市長、金メダルかじりで直筆の謝罪文

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 名古屋市の河村たかし市長が、優勝報告に訪れた東京五輪ソフトボール日本代表の後藤 希友みう 選手の金メダルをかじった問題で、河村市長は23日、市職員向けに直筆の謝罪文を出した。

「すべて私が悪かった」などと書かれた直筆の謝罪文
「すべて私が悪かった」などと書かれた直筆の謝罪文

 謝罪文では、「私がひきおこした金メダル事件により、皆様にお び申し上げます。数多くの電話メール手紙等よせられ業務にめいわくをかけております。すべて私が悪かったことでございます」などとしている。

 河村市長は報道陣の取材に、「職員には苦労をかけた。申し訳ありません」と改めて陳謝した。市には、20日までに電話やメールなどで1万4800件を超える批判や苦情などが寄せられている。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2306702 0 社会 2021/08/23 12:44:00 2021/08/23 12:56:01 2021/08/23 12:56:01 河村市長が職員向けに出した直筆の謝罪文 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/20210823-OYT1I50065-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)