読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

プラごみ削減へ、コンビニのスプーンなど対策義務付けへ…有料化や再利用

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 環境省と経済産業省は23日、プラスチックごみを削減するため、小売店や飲食店などで無料で提供される使い捨てスプーンなど12種類のプラ製品について、有料化や再利用などの対策を義務づける方針を明らかにした。6月に国会で成立した新法「プラスチック資源循環促進法」に基づく規制で、来年4月の同法施行と同時の導入を目指す。

 両省が23日午前に開かれた審議会で、関連の政令・省令案を示した。

 政令案などによると、規制の対象は使用量の多いプラ製品で、コンビニエンスストアやレストランなどで無償で提供されるスプーンやフォーク、ナイフ、ストローのほか、宿泊施設のくしやカミソリ、歯ブラシ、クリーニング店のハンガーなど12種類。事業者には〈1〉有料化〈2〉受け取らなかった客へのポイント還元〈3〉消費者に受け取りの意思確認〈4〉再利用〈5〉代替素材への転換――などの中から一つ以上の対策を求める。

廃棄物処理場に次々と運び込まれる廃プラスチック(東京都大田区で)
廃棄物処理場に次々と運び込まれる廃プラスチック(東京都大田区で)

 プラ製品の使用量が年間5トン以上の事業者については、対策を講じない場合、国が勧告や社名公表などを行うことができる。命令違反には、50万円以下の罰金も科せられる。大手のコンビニや百貨店、スーパーなどが対象に含まれる。

 この日の審議会では、使用量の多い弁当の容器なども対象に含めるべきだとの意見も出された。両省は今後、審議会での議論や意見公募などを踏まえて最終決定する。

 今回の規制は、プラスチックごみによる海洋汚染や気候変動問題への対策強化が狙いだ。

 プラスチック循環利用協会によると、2019年に国内で排出されたプラごみは850万トンに上る。このうち材料や製品などへの再生利用は4分の1にとどまり、残りは焼却されたり、埋め立てられたりしている。

 海外ではプラごみの削減や代替素材に転換する対策が加速化している。国内でも昨年7月、容器包装リサイクル法に基づき、小売店のレジ袋が有料化された。環境省の調査によると、コンビニでの辞退率は有料化前の28%から75%に増加し、一定の効果が表れている。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2306952 0 社会 2021/08/23 13:55:00 2021/08/23 15:38:44 2021/08/23 15:38:44 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/20210823-OYT1I50075-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)