読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

白金高輪駅で硫酸?かけた男、防犯カメラに男性の後をつける様子映る

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京都港区の東京メトロ白金高輪駅で男性が硫酸とみられる薬品をかけられた事件で、警視庁は25日、駅の防犯カメラに映った容疑者とみられる男の画像を公開した。同駅の改札口付近で被害男性の後をつける男の様子も映っており、警視庁は男がこの男性を狙ったとみて、傷害容疑で行方を追っている。

 警視庁幹部によると、男は24日午後9時過ぎ、駅出入り口の上りエスカレーターで、都内の会社員男性(22)を追い抜きざまに小瓶に入った薬品をかけて逃走した。男性は顔などに重いやけど。近くにいた会社員女性(34)も足を滑らせて転倒した際に薬品に触れ、足に軽いやけどを負った。

 男は30~50歳代、身長約1メートル75で、警視庁が情報提供を呼びかけている。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2312813 0 社会 2021/08/25 11:29:00 2021/08/30 11:57:50 2021/08/30 11:57:50

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)