上司になりすまし、市民に謝罪を…市職員が代行業者に依頼

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 静岡市は24日、カーブミラーの設置を巡り、市民への謝罪を代行業者に依頼した建設局の20代男性職員に対し、減給3か月(10分の1)の懲戒処分にしたと発表した。

静岡市役所
静岡市役所

 市人事課によると、職員は市民から要望されたカーブミラーの設置に向けた事務を独断で進め、市民に対して設置できる旨の説明を繰り返した。しかし、同僚が現場を確認したところ、設置優先度が低い場所だった。職員は、謝罪代行業者に2万5000円を支払い、自分の上司になりすまして市民に説明と謝罪をするよう頼んだ。不審に思った市民が市役所に問い合わせ、発覚した。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2315199 0 社会 2021/08/26 08:19:00 2021/08/26 11:23:32 2021/08/26 11:23:32 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/20210825-OYT1I50138-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)