読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

【独自】電動スケーターで信号無視、人身事故も…無免許の女に危険運転致傷容疑を適用

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 無免許で電動キックスケーターを運転し、信号無視をして人身事故を起こしたとして、警視庁は26日にも、東京都新宿区の飲食店員の女(23)を自動車運転死傷行為処罰法違反(無免許危険運転致傷)などの容疑で東京地検に書類送検する方針を固めた。電動キックスケーターの事故に危険運転致傷容疑を適用するのは全国で初めて。

警視庁
警視庁

 捜査関係者によると、女は6月2日午後7時頃、新宿区新宿の都道で電動キックスケーターを無免許運転し、赤信号を無視して交差点に進入。タクシーと衝突し、乗客男性の頭に軽傷を負わせるなどした疑いが持たれている。調べに対し、容疑を認めている。

 電動キックスケーターは道路交通法で原付きバイクに分類されており、自動車運転死傷行為処罰法の対象となる。警視庁は、故意に信号無視をしたことや、他人にけがを負わせたことなどを踏まえ、過失運転致傷より法定刑の重い危険運転致傷容疑を適用する。

 電動キックスケーターで公道を走るには運転免許やヘルメット、ミラーやナンバープレートの取り付けなどが必要だが、女はいずれも怠っていた。事故当時は帰宅途中で、自身も右手骨折のけがを負ったという。

 電動キックスケーターを巡っては、利便性の高さから普及が進む一方、事故や交通違反が相次いでいる。大阪府警は5月、歩行者をひき逃げした男を道交法違反容疑などで逮捕(罰金50万円の略式命令)。福岡県警も8月、無免許で飲酒運転した男を同法違反容疑で逮捕している。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2314993 0 社会 2021/08/26 05:00:00 2021/08/26 08:06:21 2021/08/26 08:06:21 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/20210825-OYT1I50203-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)