読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

死亡妹の体に皮下出血100か所、少年を家裁送致「妹の世話つらかった」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 大津市の無職少年(17)が小学1年の妹(当時6歳)に暴行して死亡させたとされる事件で、大津地検は25日、少年を傷害致死の非行事実で大津家裁に送致した。家裁は同日、2週間の観護措置を決めた。

大津家庭裁判所
大津家庭裁判所

 少年は、7月下旬~今月1日、市内の自宅で妹の腹や背中を殴ったり蹴ったりし、外傷性ショックで死亡させたとして4日に滋賀県警に逮捕された。地検は少年の認否や非行事実の詳細を明らかにしていない。

 少年と妹は別々の児童養護施設で育ち、4月に母親と3人で同居を始めたばかりだった。捜査関係者によると母親は自宅を空けることが多かったといい、7月21日未明、少年と妹が、市内のコンビニ店にいるところを警察に保護されていた。

 事件は1日、少年が市内の公園近くの民家に駆け込み、「妹がジャングルジムから落ちた」と119番を依頼したことから発覚。妹の体には約100か所の皮下出血があり、少年は県警の調べに容疑を認め、「妹の世話がつらかった」との趣旨の供述をしていたという。

 家裁は今後、少年の家庭環境などを調べ、処分を決める。成人と同様に刑事裁判を受ける必要があると判断すれば、検察官送致(逆送)となる。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2315145 0 社会 2021/08/26 06:59:00 2021/09/17 22:17:22 2021/09/17 22:17:22 大津地方裁判所。滋賀県大津市で。2020年11月16日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/20210826-OYT1I50045-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)