読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

自動運転のパラ選手村バス、横断歩道渡る柔道選手と接触…全治2週間のけが

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京都中央区晴海の東京パラリンピック選手村で26日、柔道男子の北薗 新光あらみつ 選手(30)が、自動運転中の巡回バスに接触し、頭などに全治2週間のけがを負ったことがわかった。北薗選手は視覚障害があり、警視庁月島署が詳しい状況を調べている。

アジアパラリンピックの柔道81キロ級で銅メダルを獲得した北薗新光(2018年10月9日撮影)
アジアパラリンピックの柔道81キロ級で銅メダルを獲得した北薗新光(2018年10月9日撮影)

 月島署幹部によると、北薗選手は26日午後2時頃、選手村の横断歩道を渡っていたところ、右折してきたバスと接触した。バスは食堂や居住棟などを24時間運行する電気自動車で、事故当時、オペレーターが乗っていた。

 北薗選手は3大会連続で代表に選ばれ、メダルの有力候補として、28日の男子81キロ級に出場する予定になっている。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2319318 0 社会 2021/08/27 15:00:00 2021/08/27 18:54:02 2021/08/27 18:54:02 アジアパラリンピック大会。柔道男子81キロ級。銅メダルを獲得した北薗新光。ジャカルタで。2018年10月9日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/20210827-OYT1I50134-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)