異物混入で中断の文化芸術関係者向け職域接種、30日に再開…代替ワクチン確保

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスの米モデルナ製ワクチンの一部に異物が混入していた問題で、文化庁は27日、一時中止した国立新美術館(東京都港区)でのフリーランスを含む文化芸術関係者向け職域接種を、30日に再開することを明らかにした。代替のワクチンが確保できたため。

病床使用率、神奈川98%・静岡83%…助言機関「最も高い感染レベル継続」
文化庁
文化庁

 文化庁は26日、厚生労働省が同美術館で使う予定だったワクチンの使用見合わせを求めたため、接種を一時中止。27日は帝京科学大(東京都足立区)からワクチンと会場の提供を受け、同大千住キャンパスに会場を変更して接種を行った。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2320146 0 社会 2021/08/27 20:47:00 2021/08/27 20:47:00 2021/08/27 20:47:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/20210827-OYT1I50162-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)