読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

鈴木姓のルーツ「鈴木屋敷」復元へ、藤白神社の敷地内…「スズキ」も寄付

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

起工式で鈴木屋敷周辺を清める神職(和歌山県海南市で)
起工式で鈴木屋敷周辺を清める神職(和歌山県海南市で)

 鈴木姓のルーツとされる一族が住んでいた和歌山県海南市藤白の「鈴木屋敷」で27日、復元整備工事の起工式が行われた。市民らでつくる「鈴木屋敷復元の会」のメンバーら約40人が参列し、無事を祈願した。2023年3月に完成する予定。

 鈴木屋敷は藤白神社の敷地内にあり、建設時期は不明。江戸時代後期の絵図に建物が描かれており、熊野三山を参詣する人たちの休憩場所だった。老朽化で屋根が抜けて壁も崩れているため、発掘調査や絵図を参考に、土間や座敷を備えた延べ床面積136平方メートルの平屋建ての屋敷や庭園を約1億8000万円かけて復元する。

 起工式では、同神社の吉田昌生宮司らが神事を営み、参列者が玉串をささげて工事の無事を祈った。吉田宮司は「復元整備は長年の念願で、ようやく起工式を催すことができた」とあいさつした。

 復元の会のメンバー(88)は「全国にいる鈴木姓の方々が訪れる憩いの場所にしていきたい。完成後は茶会やミニコンサートなども開催できればうれしい」と話した。

 整備費は行政の補助金や全国からの寄付を充てており、自動車メーカー「スズキ」(浜松市)も200万円を寄付。会によると、予算はほぼ見通しが立っているという。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2321277 0 社会 2021/08/28 05:00:00 2021/08/28 11:18:23 2021/08/28 11:18:23 起工式で鈴木屋敷周辺を清める神職(海南市で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/20210828-OYT1I50008-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)