読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

東京・白金高輪駅の「硫酸」事件、手配の容疑者を沖縄で逮捕

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京都港区の東京メトロ白金高輪駅で、男性が硫酸とみられる薬品をかけられて重傷を負った事件で、警視庁は28日、傷害容疑で指名手配していた静岡市葵区、職業不詳の男(25)を沖縄県内で発見し、逮捕した。

警視庁
警視庁

 警視庁幹部によると、男は24日午後9時過ぎ、駅出入り口の上りエスカレーターで、都内の男性会社員(22)に硫酸とみられる薬品をかけ、顔などに全治6か月の重傷を負わせた疑い。認否を留保している。

 捜査関係者によると、2人は以前、沖縄県の大学で同じサークルに所属していた。男は24日に上京。男性会社員の勤務先がある赤坂見附駅から白金高輪駅まで、男性の後ろを歩く様子が防犯カメラに映っていた。警視庁は、男性を狙ったとみて経緯を調べている。

 男は事件後、新幹線で自宅のある静岡市に戻った。翌25日には静岡駅の防犯カメラに映っていたため、警視庁が27日に指名手配し、写真を公開して行方を追っていた。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2321344 0 社会 2021/08/28 11:09:00 2021/08/28 19:05:11 2021/08/28 19:05:11 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/20210828-OYT1I50061-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)