読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「使用中止」要請の前に接種、30代男性2人死亡…異物混入ワクチンと同じ工場製

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 米モデルナ製ワクチンに異物が混入していた問題で、厚生労働省は28日、使用中止を求めたワクチンを以前に接種した38歳と30歳の男性2人が死亡したと発表した。接種と死亡との因果関係は不明で、今後、有識者検討会で評価する。

モデルナ製のワクチン
モデルナ製のワクチン

 発表では、2人はいずれも、異物が見つかったものと同じスペインの工場で、同工程で作られた製造番号「3004734」のワクチンを2回目に接種した。

 38歳の男性は今月15日に接種し、翌日に38・5度の発熱があった。17日に下熱したが、18日に自宅で死亡が確認された。30歳の男性は22日に接種し、翌日は発熱で仕事を休んだ。回復した24日は出勤し、帰宅後に就寝。25日朝に死亡が確認された。

1

2

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2321898 0 社会 2021/08/28 16:32:00 2021/08/29 18:39:12 2021/08/29 18:39:12 今回使用された米モデルナ社製のワクチン(24日午前11時51分、太田市安良岡町の旧韮川西小学校で)=中村俊平撮影県独自の集団接種会場で使われる米モデルナ製のワクチン https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/20210828-OYT1I50101-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)