硫酸事件、逮捕の大学生「今は話したくない」…被害男性「知人だがトラブルの記憶ない」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京都港区の東京メトロ白金高輪駅で、男性が硫酸とみられる薬品をかけられて重傷を負った事件で、警視庁は28日、公開手配していた静岡市葵区、大学生の男(25)を沖縄県内で発見し、傷害容疑で逮捕した。被害男性は「知人だがトラブルになった記憶はない」と話しているといい、警視庁が詳しい動機を調べている。

 警視庁幹部によると、男は24日午後9時過ぎ、白金高輪駅出入り口の上りエスカレーターで、都内の会社員男性(22)を追い抜きざまに、硫酸とみられる薬品をかけ、顔のやけどや両目の角膜損傷など全治6か月の重傷を負わせた疑い。「今は話したくない」と供述している。

警視庁
警視庁

 2人は以前に琉球大で同じサークルに所属し、顔見知りだった。男は同大を中退し、現在は別の大学に在籍していた。

 男は事件翌日、中部国際空港(愛知県)から沖縄県に入り、同県宜野湾市の友人宅に滞在。警視庁は防犯カメラの捜査などで男を特定し、27日に公開手配して行方を追った。28日午前、宜野湾市に隣接する中城村の路上で県警の捜査員が発見し、身柄を確保した。

 男は、両腕やまぶたに薬品が原因とみられる軽いやけどを負っていたという。28日夜、航空機で都内に身柄を移送された。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2322114 0 社会 2021/08/28 18:38:00 2021/08/29 10:20:08 2021/08/29 10:20:08 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/20210828-OYT1I50135-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)