高3女子遺体、20代夫婦を逮捕…行方不明後に交際相手名乗る人物からLINE

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京都内で高校3年の女子生徒が行方不明になる事件があり、警視庁は31日未明、山梨県早川町新倉の県道沿いの小屋の中から、女子生徒の遺体を発見した。警視庁は同日、女子生徒の遺体を捨てたとして、群馬県渋川市渋川、職業不詳の小森章平(27)、妻の和美(28)両容疑者を死体遺棄容疑で逮捕した。和美容疑者は「女子生徒を刺した」という趣旨の供述をしており、殺人容疑も視野に調べる。

女子生徒の遺体が発見された現場付近(31日午前8時27分、山梨県早川町新倉で)=木村誠撮影
女子生徒の遺体が発見された現場付近(31日午前8時27分、山梨県早川町新倉で)=木村誠撮影

 警視庁幹部によると、行方不明になっていたのは、墨田区東向島、都内の私立高校3年、女子生徒(18)。捜査関係者によると、女子生徒は両容疑者のいずれかと面識があったとみられる。

 遺体は、県道沿いの小屋の中から見つかり、家族が本人と確認した。胸や腹の辺りに血のようなものが付いており、今後、司法解剖して詳しい死因を調べる。

 女子生徒は、28日午後3時半頃、母親に「友人に会いに行く。午後5時頃に帰る」と伝えて自宅を出ていた。午後6時半になっても帰宅しなかったため、母親が110番した。

1

2

3

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2328615 0 社会 2021/08/31 11:48:00 2021/09/26 22:52:03 2021/09/26 22:52:03 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/20210831-OYT1I50050-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)