読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「女の出勤日だけ売上金が足りない」…レジから697回、2693万円を着服

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 神奈川県警港北署は31日、横浜市港北区新吉田東、パートの女(50)を業務上横領容疑で逮捕した。

神奈川県警察本部
神奈川県警察本部

 発表によると、女は勤務していた薬局で会計担当だった2015年1月~18年3月、レジの売上金を計697回、約2693万円着服した疑い。高級ブランド時計などを購入していたという。「横領に間違いはないが1000万円程度」と容疑を一部否認している。

 同署によると、女の出勤日のみ売上金が不足するとして、職場が行った内部調査で不正が発覚。18年10月に女を告訴していた。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2335386 0 社会 2021/09/02 19:49:00 2021/09/03 21:24:21 2021/09/03 21:24:21 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/09/20210901-OYT1I50056-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)