読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

空港でドローン風の動画撮影、24歳男ら「炎上させて再生回数増やしたかった」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 福岡空港(福岡市博多区)でドローンを飛ばして撮影したかのような動画をインターネット上に公開し、空港運営会社の業務を妨害したとして、福岡県警は1日、熊本市西区の理学療法士(24)ら男4人を偽計業務妨害の疑いで福岡地検に書類送検した。4人は「動画を炎上させて、再生回数やフォロワー数を増やしたかった」と話している。

福岡県警
福岡県警

 発表では、4人は6月27日、同空港の国内線ターミナルビル4階の展望デッキで棒の先に360度カメラを付けて撮影した映像を、ドローンから撮ったような映像に加工し、ネット上で公開。閲覧者から問い合わせを受けた空港の運営会社「福岡国際空港」にドローン検知器による検証を行わせるなどして、業務を妨害した疑い。

 空港はドローンの飛行禁止区域に指定されている。動画のコメント欄には違法行為を指摘する書き込みが相次ぎ、4人は「タネ明かし動画」も公開していた。現在は、いずれの動画も削除されている。

 4人はSNSで知り合い、動画にはコントローラーを操作する様子が映っていたものの、実際にはドローンは誰も所有していなかった。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2332165 0 社会 2021/09/01 18:33:00 2021/09/01 20:41:42 2021/09/01 20:41:42 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/09/20210901-OYT1I50134-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)