読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

妻の和美容疑者は「春頃まで別の男性と暮らしていた」…高3女子遺棄、自宅を7時間捜索

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京都墨田区の高校3年の女子生徒(18)の遺体が山梨県で見つかった事件で、警視庁は1日、死体遺棄容疑で送検した群馬県渋川市渋川、職業不詳小森章平(27)と妻の 和美いずみ (28)の両容疑者の自宅を7時間ほどにわたって捜索した。

小森容疑者夫婦の自宅から押収品を運び出す警視庁の捜査員(1日午後5時8分、渋川市渋川で)
小森容疑者夫婦の自宅から押収品を運び出す警視庁の捜査員(1日午後5時8分、渋川市渋川で)

 捜査関係者によると、小森容疑者夫婦は8月28日夜に女子生徒を夫婦の自宅へ連れ込み、3人で滞在した後、29日夜から山梨、長野両県内を連れ回したとみられる。

 夫婦は30日に女子生徒の遺体を山梨県早川町の小屋に捨てた疑いで、31日に逮捕された。いずれも容疑を認めている。

 夫婦の自宅近くの防犯カメラには、28日午後8時15分頃、夫婦が使っている白い車が駐車場に止められる様子が映っていた。29日午後10時16分頃には、駐車場から再び出ていく車が捉えられていた。車には夫婦と女子生徒の3人が乗っていたとみられる。

 近所の住民によると、和美容疑者は地元出身で、今年の春頃までは別の男性と暮らしていた。事件を知った近くの男性(61)は「女子生徒の姿は見なかったし、争うような声も聞こえなかった。不審な点に気づくことはできなかった」と悔やんだ。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2334199 0 社会 2021/09/02 11:53:00 2021/09/02 12:30:55 2021/09/02 12:30:55 小森容疑者夫妻の自宅から押収品を運び出す捜査員(1日午後5時8分、渋川市渋川で)=古賀章太郎撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/09/20210902-OYT1I50062-T-e1630553402459.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)