読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

裁判長「被害の甚大さから、長期の実刑を免れない」…池袋暴走・禁錮5年判決

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京・池袋で2019年4月、母子2人が死亡、9人が重軽傷を負った暴走事故で、東京地裁は2日、自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致死傷)に問われた旧通産省工業技術院の元院長・飯塚幸三被告(90)に禁錮5年(求刑・禁錮7年)の判決を言い渡した。下津健司裁判長は「母子の恐怖や苦痛は想像を絶し、遺族の喪失感は全く埋められていない。被害の甚大さからすれば、長期の実刑を免れない」と述べた。

 判決によると、飯塚被告は19年4月19日昼、豊島区東池袋で乗用車を運転中、ブレーキとアクセルを踏み間違えて暴走。青信号の横断歩道を渡っていた主婦の松永真菜さん(当時31歳)と長女の 莉子りこ ちゃん(同3歳)をはねて死亡させ、通行人や同乗の妻ら9人に重軽傷を負わせた。

飯塚幸三被告
飯塚幸三被告

 被告側は公判で「車に何らかの異常が生じた」と主張したが、下津裁判長は、車両の解析で不具合が見つからなかったことや、アクセルを最大限まで踏み込んだ形跡があったことなどを踏まえ、「車両異常の可能性はなく、ペダルの踏み間違いが原因だ」と認定。被告側の無罪主張を退け、「ブレーキを踏んだが、車は止まらなかった」とする被告の法廷供述の信用性も否定した。

 その上で「年齢にかかわらず、運転者に求められる基本的な注意義務を怠った過失は重大だ」と指摘。過失を否定する被告の姿勢を「事故に 真摯しんし に向き合っていない」と批判した。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2335394 0 社会 2021/09/02 19:57:00 2021/09/02 22:52:32 2021/09/02 22:52:32 暴走事故の実況見分に立ち会う飯塚容疑者(中央)。東京・池袋で高齢ドライバーの車が暴走し、12人が死傷した事故で、警視庁は13日、車を運転していた旧通産省工業技術院の元院長・飯塚幸三容疑者(88)を事故後初めて現場に立ち会わせ、実況見分を行った。警視庁は、運転操作ミスが事故原因とみており、自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致死傷)容疑で飯塚容疑者を書類送検する方針だ。東京都豊島区で。2019年6月13日撮影。同日夕刊「池袋事故 暴走容疑者と実況見分 書類送検へ」掲載。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/09/20210902-OYT1I50151-T-e1630581546137.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)