自衛隊の大規模接種会場、東京・大阪とも11月末まで延長…若年層優先に

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 防衛省は2日、自衛隊が東京と大阪で運営している新型コロナウイルスワクチンの大規模接種会場について、9月25日頃までとしていた開設期間を、11月30日まで延長すると発表した。9月4~25日は東京と大阪両会場合わせて計約3万人分の予約枠が空いていることから、18~39歳の若年層の予約を優先的に受け付ける。

大規模接種会場の大手町合同庁舎3号館(東京都千代田区で)
大規模接種会場の大手町合同庁舎3号館(東京都千代田区で)

 同省によると、若年層の予約は、東京会場は3日午後6時から、大阪会場は9日頃から始める予定で、いずれも同省の専用ウェブサイトなどから申し込む。9月26日以降はこれまで通り、対象を18歳以上に広げて接種を進める。ワクチンは米モデルナ製を使う。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2335534 0 社会 2021/09/02 20:49:00 2021/09/02 20:49:00 2021/09/02 20:49:00 新型コロナウイルスワクチンの大規模接種会場となる大手町合同庁舎3号館(手前は受付場所となるプレハブの建物)。東京都千代田区で。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/09/20210902-OYT1I50163-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)