読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

小学校13人感染、放課後児童クラブの子たちが10人…市長「誰が悪いわけでもない」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 岡山県の総社市立小学校の児童13人が新型コロナウイルスに感染したことがわかり、市教育委員会は5日、9日までとしていたこの小学校の臨時休校を、17日まで延長する方針を決めた。6日には、児童と教職員全員にPCR検査を受けてもらうという。

児童13人の感染確認を受けて開かれた臨時校園長会(5日午後、総社市役所で)
児童13人の感染確認を受けて開かれた臨時校園長会(5日午後、総社市役所で)

 こうした状況を受け、市と市教委は5日、市内の幼稚園と小中学校計37校園の園長、校長らによる臨時校園長会を開いた。会場は市役所で、一部の校園長はリモートで参加した。

 市教委からは、13人のうち10人が放課後児童クラブの子どもたちと報告され、県から発表があることも伝えられた。

 校園長会で片岡聡一市長は「今回の感染は、誰が悪いわけでもない。検査態勢を拡充し、早急にオンライン授業の環境を整えたい」と話し、久山延司・市教育長は「休校の間、子どもたちの学習を保障するため、最大限のサポートをする」とした。

 市教委によると、小中学生計約6000人について1人1台のパソコンが配備されている。今後は通信環境を整え、学校にいる児童と家庭にいる児童との間で、双方向のやりとりができる授業を目指すとしている。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2343424 0 社会 2021/09/06 07:47:00 2021/09/06 13:23:22 2021/09/06 13:23:22 放課後児童クラブでのクラスター発生を受けて開かれた総社市臨時校園長会(5日午後、総社市役所で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/09/20210906-OYT1I50027-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)