読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「移住者を歓迎する雰囲気」水害で大きな被害、山あいの地区で異例の人口増加

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 10年前の紀伊水害で大きな被害を出し、人口減少が課題となっている奈良県十津川村で、人口を増やしている地区がある。村北部の山あいにある谷瀬地区――。仮設住宅の建設をきっかけに移住やUターンを受け入れ、ベビーラッシュも起きている。被災地復興のモデルケースとしても注目されそうだ。(中井将一郎)

 「移住者を歓迎する雰囲気があって、よくしてもらえる」。2年前から谷瀬の空き家を借りて住む男性(46)と妻(46)は口をそろえる。

 ともに愛知県で設計士をしていたが、男性が2016年、村の技術職員に採用され、移住して結婚。村で2人の娘が生まれた。当初は別の地区に住んでいたが、各集落を歩き、谷瀬が気に入った。棚田が点在する風景もいいが、住民の開かれた気風にひかれた。

紀伊水害で被害を受けた奈良県十津川村(読売ヘリから2011年9月10日撮影)
紀伊水害で被害を受けた奈良県十津川村(読売ヘリから2011年9月10日撮影)

 紀伊水害後、谷瀬に移住やUターンしたのは、男性の一家を含めて9世帯21人に上る。17年3月末に53人だった人口は、今年3月末は71人に。4歳以下の子どもは8人を占める。村は紀伊水害で過疎化に拍車がかかり、人口は毎年100人前後減って現在は約3000人。谷瀬の人口増加は異例な現象だという。

 変化のきっかけは、水害後に仮設住宅が設置されたことだった。続いて復興住宅の整備候補地になり、地区で議論が起きた。「外の人を受け入れる準備が必要だ」。住民でつくる「常会」に移住者も入れるように規約を変え、14年に村営の復興住宅4棟が建設され、新しい住民を迎えた。元総代の坂口哲夫さん(63)は「空き家が半分で、小さな子どももいなかった。このままでは谷瀬がなくなる危機感があった」と振り返る。

 住民たちは、観光名所の「谷瀬のつり橋」を生かし、道標や地図を作り、展望台や水車も整備した。つり橋の上で結婚式を企画したのが縁で、14年秋にはIターンの夫婦が移住。17年から復興住宅には木工作家の2世帯が住む。移住者にも草刈りや水源整備、神社の当番など地域の共同作業に参加してもらう。なじんでもらうために集落の決まり事を記した冊子も作った。

 8月29日には、休憩できるあずま屋を設ける作業を行い、男性ら13人が参加。鉄の柱に茶色いペンキを塗り、長女(4)が「チョコみたい」と楽しそうに声を上げた。

 稲穂が揺れるのどかな風景に歓声が響く。「住民の意識が変わって、集落も変わった」。坂口さんは感慨を深めた。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2346813 0 社会 2021/09/07 09:43:00 2021/09/07 09:43:00 2021/09/07 09:43:00 決壊の恐れがある土砂ダム(右が赤谷、左が長殿)=10日午前10時17分、奈良県十津川村で、本社ヘリから2011年9月10日撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/09/20210907-OYT1I50042-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)