「頭より体が先に動いた」シュノーケリングの男女、沖合に流された4歳男児を救助

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 青森県平内町の海岸で7月31日、男児(4)が海水浴中に沖合に流された事故で、青森海上保安部は6日、男児を救助した青森市の男性会社員(25)と、同市の女性会社員(27)に感謝状を贈った。

表彰を受けた2人(手前)=6日、青森市で
表彰を受けた2人(手前)=6日、青森市で

 事故当時、男性らは男児が流された沖合周辺でシュノーケリングをしていた。流される男児に気がつくと泳いで追いかけ、男児を受け止めて陸地まで運んだ後、海保職員に引き渡した。

 青森海保で行われた表彰式では、山下雄一郎部長から感謝状が手渡された。男性は「頭より体が先に動いた。無事に助かって良かった」と振り返り、女性は「まさかこのような現場に遭遇するとは思わなかった。海は危険と隣り合わせだと思った」と話した。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2346587 0 社会 2021/09/07 06:33:00 2021/09/07 09:51:42 2021/09/07 09:51:42 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/09/20210906-OYT1I50110-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)