読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

子供の感染急増、休校で仕事休む保護者向けの助成金復活…直接申請も可

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスの中でも感染力の強い変異ウイルス「デルタ株」の広がりを受け、厚生労働省は、子供の学校の休校で仕事を休まざるを得ない保護者のために、直接、助成金を支給できる制度を復活させる。田村厚労相が7日の閣議後記者会見で明らかにした。

厚労省
厚労省

 昨春の一斉休校を受け、厚労省は昨年度、働く保護者を支援するための「小学校休業等対応助成金・支援金」を創設。年次有休とは別に、コロナ休校用の有休制度を設けた企業に対し、賃金の全額(最大1万5000円)を補償する制度で、企業が活用に応じない場合は、保護者が直接申請できる仕組みも作った。

 この制度は昨年度で終了し、今年4月からは、「両立支援等助成金」として、働き手1人あたり5万円、最大50万円を企業に支給する制度に切り替えた。ただ、この仕組みでは保護者が直接申請できず、またコロナ休校用の有休がない企業の働き手は支援されないため、「使い勝手が悪い」という声が上がっていた。

 さらに、感染拡大の第5波では感染力の強いデルタ株の影響で子供への感染が急増。新学期に入り、各地で休校が相次ぐことも予想される中、厚労省は昨年度と同様の手厚い制度を復活させることにした。今年8月以降に保護者が仕事を休んだケースが対象となる。

 田村厚労相は「各都道府県の労働局に特別相談窓口を設置し、相談対応のほか事業主などにも働きかけをしていく」と述べた。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2347163 0 社会 2021/09/07 12:04:00 2021/09/08 19:58:51 2021/09/08 19:58:51 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/09/20210907-OYT1I50063-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)