読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

司法試験合格者、過去最少の1421人…最年少18歳・最年長69歳

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 法務省の司法試験委員会は7日、今年の司法試験合格者を発表した。3424人の受験者に対し、合格者は1421人で前年より29人減少した。法科大学院修了生の受験が始まった2006年以降では、受験者数・合格者数ともに最少を更新し、政府が15年に掲げた「合格者1500人以上」の数値目標を2年連続で下回った。

法務省
法務省

 合格率は、前年から2・3ポイント増の41・5%となった。合格者の平均年齢は28・3歳で、06年以降で最年少となる18歳の合格者が誕生した。最年長は69歳だった。

 合格者のうち、法科大学院修了生は1047人(前年比25人減)で、合格率は34・62%(同1・94ポイント増)。合格者数が100人を超えたのは3校のみだった。

 一方、法科大学院を修了せずに受験資格を得る「予備試験」を経た合格者は374人(同4人減)で、全合格者に占める割合は過去最多の26・32%、合格率も過去最高で93・5%だった。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2348435 0 社会 2021/09/07 20:30:00 2021/09/10 19:00:42 2021/09/10 19:00:42 法務省。東京・千代田区霞が関で。2021年5月3日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/09/20210907-OYT1I50121-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)