読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

涙流している…黒ずんだ町のシンボル「かえる橋」、高圧洗浄で18年分の汚れさっぱり

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

見違えるほどきれいになったかえる橋(印南町で)=町提供
見違えるほどきれいになったかえる橋(印南町で)=町提供
高所作業車に乗り、子ガエルの顔を洗浄する作業員ら(印南町で)=町提供
高所作業車に乗り、子ガエルの顔を洗浄する作業員ら(印南町で)=町提供

 JR印南駅北側にかかる和歌山県印南町のシンボル「かえる橋」(長さ133メートル、幅9メートル)が、高圧洗浄されて18年分の汚れが落ち、きれいに生まれ変わった。

 「町おこしの起爆剤に」と、同町が1993年に約9億3500万円をかけて建設。アーチ部分(長さ48メートル)に赤い親ガエルをかたどり、頂上に黄色の子ガエルをあしらった。町によると、カエルには「町をかえる」「古里へかえる」「栄える」など五つの願いが込められているという。

 2003年に塗り替えたが、最近は近くのこども園の園児から「カエルさんが黒い涙を流している」と言われるほど黒ずんでいた。

 橋の点検にあわせ、洗浄を計画。作業員が高所作業車に乗り込むなどして、高さ20メートルの子ガエルや親ガエルの顔の汚れを、高圧洗浄機で落としていった。

 町の担当者は「見違えるほどきれいになった。笑顔の親子ガエルを見に来てほしい」と話している。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2352491 0 社会 2021/09/09 08:09:00 2021/09/09 08:09:00 2021/09/09 08:09:00 見違えるほどきれいになったかえる橋(印南町で)=町提供撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/09/20210908-OYT1I50114-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)