読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

県民の楽しみ、芋煮会は家族限定か4人以下で…知事が規模縮小求める

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 芋煮会、今シーズンはこぢんまりと――。山形県の吉村知事は8日、県内各地の河川敷などで行う芋煮会について、今秋は、新型コロナウイルスの感染防止のため、参加者は家族に限るか、4人以下に規模を縮小して行うよう県民に求めた。

店頭に並ぶ芋煮会用の大鍋やまき(8日、山形市あさひ町の「ヤマザワあさひ町店」で)
店頭に並ぶ芋煮会用の大鍋やまき(8日、山形市あさひ町の「ヤマザワあさひ町店」で)

 8日の定例記者会見で、芋煮会の人数制限の必要を問われ、答えた。

 知事は「県民が楽しみにしている中で、本当に私もずっとずっと考えてきた」と述べ、県内ではバーベキュー時の感染事例が複数あることを例に、「屋外だから大丈夫ということではなく、油断してはいけない」と強調した。

 その上で、「大人数の会食」「普段会っていない友人との会食」「マスクを外した会話」が感染リスクを高めると指摘し、芋煮会も飲食店での会食と同様、普段一緒にいる友人や職場の同僚と、少人数・短時間で行うよう求めた。

 県は12日までの感染拡大防止特別集中期間中は、会食は3人以下で1時間程度とするよう求めている。政府は大人数(5人以上)の飲食は大声になり、感染リスクが高まると指摘していることから、期間終了後の芋煮会は4人以下が基準になると示した。普段一緒にいる家族で行う際は、人数制限はしないとした。

 吉村知事は「今年だけ、何とか我慢していただきたい。例外の年にしていただきたい」とお願いした。

 県民の反応は様々だ。

 山形市緑町の会社員男性(74)は、毎年多数の芋煮会が開かれる馬見ヶ崎川の河川敷そばに住む。人数制限については「自粛する人が増えれば、近隣住民も安心できる」と歓迎し、「私も昨年は孫たちとの芋煮会を見送った。今年も我慢する」と自重する。

 一方、同市あさひ町の通信制学校の男子生徒(17)は、「今年、友達が山形を離れる。最後の思い出にみんなで芋煮会をしたい。食べる時以外、マスクを着ければ大丈夫」と、気にしない様子だった。

 同市の馬見ヶ崎川河川敷では、例年「日本一の芋煮会フェスティバル」が開催されるが、今年は2年連続の中止が決まっている。

 開催地近くのスーパー「ヤマザワあさひ町店」では、大鍋やまき、牛肉など芋煮の具材などが一緒になった「いも煮会セット」がこの時期の主力商品だが、副店長の三浦遼太郎さん(36)は「昨秋は例年の半数の予約数だった。今年はさらに予約が減るだろう」と心配していた。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2353618 0 社会 2021/09/09 14:52:00 2021/09/09 14:52:00 2021/09/09 14:52:00 店頭に並ぶ大鍋やまき(9月8日午後2時11分、山形市あさひ町のスーパー「ヤマザワあさひ町店」で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/09/20210909-OYT1I50017-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)