読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

鉄拳さん、20歳の時に80万だまし取られ「後悔と怒り」…特殊詐欺防ぐイラスト動画公開

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 特殊詐欺被害を防ぐイラスト動画を制作し、神奈川県民の防犯意識を向上させたとして、神奈川県警南署は、お笑いタレントの鉄拳さんに感謝状を贈った。先月25日に動画投稿サイト「ユーチューブ」の鉄拳さんの公式チャンネルで公開されて2週間あまりで再生回数が1万回を超え、「親に電話しようと思った」「感動した」など反響が寄せられている。(日下翔己)

鉄拳さんが制作した啓発動画「守るべきもの」(ユーチューブ鉄拳パラパラ漫画チャンネル)
鉄拳さんが制作した啓発動画「守るべきもの」(ユーチューブ鉄拳パラパラ漫画チャンネル)
鉄拳さんが制作した啓発動画「守るべきもの」(ユーチューブ鉄拳パラパラ漫画チャンネル)
鉄拳さんが制作した啓発動画「守るべきもの」(ユーチューブ鉄拳パラパラ漫画チャンネル)
鉄拳さんが制作した啓発動画「守るべきもの」(ユーチューブ「鉄拳パラパラ漫画チャンネル」より)
鉄拳さんが制作した啓発動画「守るべきもの」(ユーチューブ「鉄拳パラパラ漫画チャンネル」より)

 動画は約4分でタイトルは「守るべきもの」。南署の依頼で、歌手グループ「ケツメイシ」の音楽に合わせ、離れて暮らす親子が、母が特殊詐欺被害に遭ったことをきっかけに家族の絆を見直し、日頃から連絡を取り合うようにする姿をイラストで描いた。

南署で感謝状を受け取る鉄拳さん(右)(8月25日、横浜市南区で)
南署で感謝状を受け取る鉄拳さん(右)(8月25日、横浜市南区で)

 先月25日の贈呈式で鉄拳さんは「この動画をきっかけに親に電話してほしい。被害の防止につながれば」と話した。作品に自分の人生をよく取り入れるといい、今回も20歳の時に詐欺で80万円をだまし取られた経験を踏まえた。「後悔と怒りを感じた。留守番電話があったら被害に遭わなかったかも」と思い、被害に遭った悔しさと怒りを、息子の表情と拳に込めたという。

 元々は漫画家志望だった鉄拳さんは、お笑いタレントとしてスケッチブックに描いたイラストを見せながらのトークで一躍人気に。限界を感じていた2011年、ある企画でパラパラ漫画を披露し、注目された。

 今では漫画の仕事の方が多く、「(トークの)ネタは1日で20枚ほど描けばいいが、パラパラ漫画は1000枚は必要で2か月はかかる。大変だが漫画家として仕事ができてうれしい。感動ものだけでなくギャグとかホラーとか、新鮮で楽しい作品を作りたい」と語る。

 13年には、後悔をテーマに夫婦の生涯を描いた漫画「振り子」で日本漫画家協会賞特別賞を受賞。社会問題にも積極的に取り組み、全国の自治体や警察から防犯や事故防止などの啓発動画の制作依頼が舞い込む。

 鉄拳さんは「作品に込めた思いが少しでも伝わったらうれしい。感動するだけでなく、行動に移してもらえたら」とほほえんだ。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2360500 0 社会 2021/09/12 10:49:00 2021/09/12 14:51:57 2021/09/12 14:51:57 感謝状を受け取る鉄拳さん(右)(8月25日午後2時31分、横浜市南区で)=日下翔己撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/09/20210911-OYT1I50099-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)