読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

猪苗代湖の母子ら死傷事故、巻き込んだボート操縦の会社役員を逮捕…「身に覚えがない」と否認

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 福島県会津若松市の猪苗代湖で2020年9月、モーターボートに巻き込まれた親子らが死傷した事故で、県警は14日、ボートを操縦していた東京都中央区、会社役員の男(44)を業務上過失致死傷容疑で逮捕した。

福島県警察本部
福島県警察本部

 発表によると、会社役員は20年9月6日午前11時頃、猪苗代湖西岸の中田浜沖合でモーターボートを操縦、安全確認を怠り、千葉県野田市の小学3年豊田 瑛大えいた 君(当時8歳)を巻き込んで死亡させたほか、瑛大君の母親(36)ら2人に大けがを負わせた疑い。

 会社役員はボートで付近を航行したことは認めているが、「身に覚えがない」と容疑を否認している。

 瑛大君らは水上バイクを使ったレジャーの順番待ちのため、ライフジャケットを着けてその場に浮かんでいた。現場付近は当時、複数のボートが行き来していたが、県警は船体の状態などから会社役員のボートが巻き込んだと判断した。

 両親は14日、代理人を通じて「容疑者が逮捕されたと聞いて 安堵あんど しておりますが、瑛大を失った悲しみは癒えません。今後真実が明らかになることを願っております」とのコメントを出した。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2365830 0 社会 2021/09/14 18:20:00 2021/09/15 07:06:12 2021/09/15 07:06:12 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/09/20210914-OYT1I50136-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)