読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

移住者にタクシー・高速バス・飛行機の「サブスク」提供…「公共交通が不便」を解消へ

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 都会から徳島への移住を促そうと、県は「サブスクリプション(定額制サービス)方式」を活用した移住支援に取り組む。公共交通機関が使いづらい地域が多いことに着目し、一定の金額を支払えば、タクシーやレンタカーを繰り返し利用できるようにする。移住を踏みとどまらせるハードルを、小さな負担で下げようとする試みだ。(平井宏一郎)

サブスクリプションを活用した移住を呼びかけるチラシ
サブスクリプションを活用した移住を呼びかけるチラシ

 新型コロナウイルス感染拡大の影響から、人が多く「密」になりやすい都市部を逃れて、地方への移住を望む人が増えている。一方、県内はマイカーがないと移動に不便な地域が多い。移住希望者らがマイカーを持たない場合、移動手段をどう確保するかは移住を決断する上で課題になっているという。

 県内の経済団体が、移住者を対象に行った調査でも、「公共交通機関が非常に不便」「車がないと生活できない」などの意見があり、県に対して交通手段確保のための施策を求める提言を行っていた。

 これらを受けて県は、様々な分野で導入が広がっている「サブスクリプション」の手法に着目。今年度から、希望者の生活スタイルに応じて、タクシーやレンタカー、高速バス、飛行機などの移動手段を毎月、定額で提供する取り組みを始めた。タクシーなら、自宅から勤務先や最寄り駅など、事前に登録した区間(15キロ以内)について毎月1万6000円で乗り放題、レンタカーの場合は月4回(1回12時間以内)、5000円で利用できるプランなどを用意する。

 子育て世代への支援として、育児支援サービスを受けることができる「ファミリー・サポート・センター」の利用料金の補助も合わせて実施。家族で移住することの心理的ハードルも下げたい考えだ。

 県内の不動産会社と連携し、専用のホームページ( https://tokushima-ijyu-support.jp/ )に賃貸物件の情報なども掲載。委託先の旅行会社「エアトラベル徳島」が、ワンストップの相談窓口の役割を担い、ライフスタイルに合わせた交通手段を提案したり、不動産会社を紹介したりする。

 県とくしまぐらし応援課は「県内への移住希望者にとって、移動手段や住まいについて事前にイメージできることで、不安解消につながるはず」としている。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2377010 0 社会 2021/09/18 13:43:00 2021/09/18 13:43:00 2021/09/18 13:43:00 サブスクリプションを活用した移住を呼びかけるチラシ https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/09/20210915-OYT1I50064-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)