読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

都内の在日米軍施設、今月末までの全面返還が決定…市のほぼ真ん中「長年の要望ついに実現」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京都府中市にある在日米軍府中通信施設が、今月末までに全面返還されることが決まった。通信施設は、市内のほぼ真ん中にある米軍府中基地跡地の留保地(約14・9ヘクタール)内にあり、返還によって、広大な留保地全体を一体的に再開発できる可能性が出てきた。市が活用策を検討している。

府中基地跡地の留保地にある府中通信施設の鉄塔(府中市生涯学習センターの屋上から撮影)
府中基地跡地の留保地にある府中通信施設の鉄塔(府中市生涯学習センターの屋上から撮影)

 市政策課などによると、8月5日の日米合同委員会で、府中基地跡地で米軍が通信施設として使用している建物や敷地(約0・78ヘクタール)、ケーブルが埋設された部分などについて、9月末までに日本側に引き渡すことになった。

 府中基地跡地(約60・8ヘクタール)は、1974年に在日米軍司令部などが横田飛行場へ移転したことを受け、翌75年に大半が日本に返還された。

 これに伴い跡地は、〈1〉国利用〈2〉地元自治体の利用〈3〉留保地――に3分割された。国利用の土地に航空自衛隊府中基地が置かれ、地元利用の地域に都立府中の森公園や同市の生涯学習センターなどが開設された。

 一方で、米軍の通信施設が残る留保地は外周をフェンスで囲まれ、今も樹木が生い茂っている。一帯は京王線府中駅や東府中駅から2キロ圏内で、国道20号や中央自動車道のインターチェンジが近くにあるなど立地に恵まれている。このため、市は1996年以降、国や都を通じて米側に通信施設の返還を働きかけていた。

 市は留保地について、通信施設の敷地を避けて商業施設や住宅を整備する計画を立てているが、今回の返還を踏まえて計画を変更する必要があるか検討する。市政策課の担当者は「長年の要望がついに実現し、感慨深い。全体の土地利用を考える上でも意義は大きい」と話している。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2373381 0 社会 2021/09/17 10:24:00 2021/09/17 22:01:13 2021/09/17 22:01:13 府中基地跡地の留保地にある府中通信施設の鉄塔。敷地は、留保地のほぼ中央にあるという(8日、府中市生涯学習センターの屋上から撮影) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/09/20210916-OYT1I50064-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)