読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

トヨタ社員のうつ病自殺、労災認める逆転判決…名古屋高裁

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 トヨタ自動車の社員だった男性(当時40歳)が2010年にうつ病で自殺したのはパワハラや過重労働が原因だったとして、男性の妻(50)が、労災と認定しなかった豊田労働基準監督署の処分を取り消すよう国に求めた訴訟の控訴審判決が16日、名古屋高裁であった。古久保正人裁判長は、自殺と業務の因果関係を認め、原告の請求を棄却した1審・名古屋地裁判決を取り消し、労災を認める逆転判決を言い渡した。

名古屋高裁
名古屋高裁

 男性は09年10月頃、うつ病を発症し、翌年1月に自殺した。妻は、男性が海外工場の生産準備など複数の業務を抱えて過密労働となり、上司に大声で 叱責しっせき されるパワハラも受けていたと主張。労災補償を求めたが、豊田労基署は12年、「自殺は業務に起因しない」として遺族年金や葬祭料の不支給を決定していた。

 上司の叱責について、20年7月の1審判決は「人格を否定する言動が含まれていたとは言えない」と、うつ病との因果関係を認めなかったが、高裁判決は、労災認定基準の改正で20年に新設された「社会通念に照らして許容される範囲を超える精神的攻撃」を考慮し、08年末頃から継続してパワハラを受け、うつ病を発症したと認定した。初の海外業務など仕事への不安も抱え、強い心理的負荷があったと結論づけた。

 トヨタ自動車は「改めてご 冥福めいふく をお祈り申し上げ、哀悼の意を表します。風通しの良い職場風土を築くよう、努力を続けて参ります」とコメントした。

 東京大の水町勇一郎教授(労働法)は「判決で新基準を参考にしたのは、パワハラに厳格な社会の流れを象徴している」と分析した。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2371596 0 社会 2021/09/16 16:07:00 2021/09/17 01:47:52 2021/09/17 01:47:52 名古屋地方裁判所、名古屋高等裁判所。名古屋市中区で。2020年11月6日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/09/20210916-OYT1I50118-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)