読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

自宅療養者にも「抗体カクテル療法」、来週にもモデル事業開始…厚労相

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 田村厚生労働相は16日、新型コロナウイルス感染症の軽症者らに行う「抗体カクテル療法」について、入院や外来診療に加え、自宅療養者の往診でも使用できるよう、来週にもモデル事業を開始する方針を明らかにした。東京、大阪などで行う方向で調整している。

田村厚生労働相
田村厚生労働相

 田村氏は同日開かれた厚労省助言機関の会合で「モデル事業の形で進め、問題点を抽出した上で、全国展開を図りたい」と述べた。

 菅首相が15日、往診への活用を進める方針を表明していた。急性のアレルギー症状などがまれに起きるため、厚労省は、往診での適切な経過観察の要件などを検討する。投与された患者数は15日現在、全国の約2000施設で約2万7000人に上る。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2372140 0 社会 2021/09/16 20:22:00 2021/09/17 01:50:32 2021/09/17 01:50:32 田村憲久・厚生労働相。2020年9月16日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/09/20210916-OYT1I50139-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)