読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

新学期始まった小学校でのクラスター、1週間で32件…前週の3倍超に

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 厚生労働省は16日、多くの学校で2学期が始まった9月6~12日の1週間に小学校で発生した新型コロナウイルスのクラスター(感染集団)が32件に上り、前週の3倍超になったとする調査結果を公表した。

厚生労働省
厚生労働省

 調査は同一の場所で2人以上の感染者が発生した場合をクラスターとした。小学校での発生件数は1学期の間は毎週5件以下で推移していた。8月30日~9月5日は9件だった。

 また、6~12歳の感染場所についても分析。場所が特定できたケースでは、9月1~13日では自宅が80・3%と最も多かったが、学校も10・9%を占めた。新学期が始まり、学校でも感染が広がっている実態が明らかになった。

 3~15歳で見ても、8月と比べ、9月に入って保育園や学校での感染割合が増加した。

 日本では現在、ワクチンは12歳未満に打つことはできない。厚労省助言機関座長の脇田隆字・国立感染症研究所長は「ワクチン接種が進むにつれ、子どもの感染者の割合が増える可能性がある。子どもへの家庭内感染を防ぐため、ワクチンを打てる親や兄弟の接種を進めるべきだ」と指摘している。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2372136 0 社会 2021/09/16 20:19:00 2021/09/16 21:01:12 2021/09/16 21:01:12 厚生労働省、環境省。中央合同庁舎第5号館。東京・千代田区霞が関で。2021年5月3日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/09/20210916-OYT1I50144-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)