読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

バイクで転倒し負傷した配達員、報告後のウーバーからの返信は「再度あればアカウント永久停止も」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 スマートフォンを通じて単発・短期の仕事を請け負う「ギグワーカー」が、新たな働き方として広がってきた。簡単に仕事を見つけられ、働く場所や時間を問わない自由さが魅力とされ、コロナ禍で仕事を失った人たちの受け皿にもなっている。だが、仕事を仲介する企業側が圧倒的に優位で、ギグワーカーを守るための法整備が必要だとの指摘もある。(小野田潤、吉田雄人)

参入相次ぐ

ウーバーイーツの配達員が使うかばんと自転車。飲食店街で日常的に見られるようになった(大阪市北区で)
ウーバーイーツの配達員が使うかばんと自転車。飲食店街で日常的に見られるようになった(大阪市北区で)

 8月下旬の夕暮れ、JR天満駅(大阪市)のガード下で、大学生の男性(22)がタブレット端末にイラストを描きながら、飲食物の配達サービス「ウーバーイーツ」の仕事を待っていた。

 イラストレーターを目指しているが、発達障害のため他人とのコミュニケーションが苦手で、アルバイトはどれも長続きしなかった。2年前に始めたウーバーは「初めて自分ができること」だと言う。

 スマホのアプリ経由で来る配達の依頼は、引き受けるかどうかは自由。好きな時間に働け、ノルマもなければ、上司や同僚に気を使う必要もない。

 米国発祥のウーバーは2016年に日本に上陸した。「DiDiフード」や「フードパンダ」など同様のサービスも相次いで始まっている。こうしたサービスを手がける企業はプラットフォーマーと呼ばれ、配達員と飲食店とをつなぐアプリを提供している。

1年で5倍

 人材仲介会社ランサーズが今年1~2月に実施した調査によると、配達員やデザイナー、プログラマーなど「自由業系フリーワーカー」は308万人と、前年の約5倍に増えた。コロナ禍で仕事を失った多くの人たちがギグワーカーとして働くことを選び、アプリに登録したとみられる。

 ウーバーは配達員を「配達パートナー」と呼ぶ。読売新聞の取材に対し、運営会社のウーバーイーツジャパンは「独立したビジネスの手段としてウーバーと契約し、アプリを使用している。当社としては『雇用する労働者』に該当しないと理解している」として、配達員は個人事業主だとの認識を示した。

 だが、実態はパートナーと呼べるほど対等な関係ではない。

 19年7月、雨のなか東京都内でバイクで配達をしていた土屋俊明さん(45)は、タイヤが滑って転倒し、肩に全治2週間のけがを負った。ウーバーに報告すると、返信のメールが届いた。

 「今回のようなことが再度あれば、あなたのアカウントは永久停止となるかもしれません」

 不満を抱いたほかの配達員と共に、土屋さんは労働組合「ウーバーイーツユニオン」を結成した。

組合と交渉応じず

 組合が20年春に配達員を対象に行ったアンケートでは、交通事故が32件あり、うち6件でアカウントが停止されたことがわかった。土屋さんは「調査結果は氷山の一角」とみている。

 ある配達員は「事故を会社に報告しない配達員は多い。仕事を失うのが怖いから」と明かす。

 今年3月には京都府内のウーバーの報酬が突然、配達1件あたり100円台に引き下げられた。それまでは基本料金の390円に、配達距離1キロ・メートルあたり60円が加算されていた。

 しばらくすると、300円以上になった。会社は、報酬体系の変更によるものだと説明し、「配達パートナーはより効率的に働ける」と主張している。一方、配達員の間では「いくらまでなら仕事するか試しているのではないか」との不信感が根強い。

 組合は、配達員の待遇改善に向けた交渉の場を設けるよう求めている。会社側は応じていない。

個人事業主か、労働者か…海外では判例も

 海外では、ギグワーカーは個人事業主ではなく、労働者だとする判例が出ている。

 英最高裁は2月、▽運賃や契約条件を設定している▽契約を終了する権限を持っている――ことなどからウーバーはアプリを利用する個人タクシー運転手を従属させているとした。フランスでも昨年、ウーバーと運転手の関係は労働契約にあたるとの判決が出た。

 日本ではどうか。労働訴訟が専門の徳田隆裕弁護士は「法的には『仕事を断る自由がない』『時間・場所の拘束性がある』ことが労働者の定義とされる」と説明する。ギグワーカーは自由に仕事を選べ、こうした要件を満たさないため、英仏のような司法判断が示される可能性は低いとみられる。徳田氏は「ギグワークで生計を立てている人は、実際には仕事を選ぶ余裕はないのではないか。現行法では想定していない働き方で、将来は新法が必要になるだろう」と話している。

  ◆ギグワーカー =ライブハウスでの単発の演奏などを指す英単語「gig」と、働く人を意味する「worker」を合わせた造語。従来のフリーランスや日雇い労働者との明確な定義の違いはないが、スマホのアプリ経由で仕事を引き受ける点で異なるとされる。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2373847 0 社会 2021/09/17 12:13:00 2021/09/17 12:13:00 2021/09/17 12:13:00 コロナ禍で「ギグワーク」と呼ばれる働き方が増えている(大阪市北区で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/09/20210917-OYT1I50031-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)