読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

免許停止期間中に当て逃げ、女性都議を書類送検…起訴求める意見付き

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 無免許運転で人身事故を起こして現場から逃げたなどとして、警視庁は17日、都議の木下富美子容疑者(54)(東京都豊島区)を自動車運転死傷行為処罰法違反(無免許過失運転致傷)と道路交通法違反(当て逃げなど)容疑で東京地検に書類送検した。起訴を求める意見を付けた。

木下富美子都議
木下富美子都議

 警視庁幹部によると、木下容疑者は交通違反の累積で免許停止期間中だった7月2日午前7時25分頃、板橋区高島平の都道交差点で乗用車を運転。車を後退させた際に50歳代男性の乗用車に衝突し、男性と同乗女性の首などに軽傷を負わせ、走り去った疑い。調べに、「無免許運転で事故を起こしたことは間違いない」と供述している。

 事故後の捜査で、免許停止期間中の5~6月にも計6回、都内で乗用車を運転していたことが裏付けられ、これらの道交法違反(無免許運転)容疑もあわせて書類送検した。

 木下容疑者は7月4日投開票の都議選に都民ファーストの会から立候補し、再選されたが、無免許での事故が判明し、同6日付で同会から除名された。同23日には都議会で辞職勧告も決議されたが、辞職せず、体調不良を理由に議会の欠席を続けている。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2373549 0 社会 2021/09/17 11:01:00 2021/09/17 11:01:00 2021/09/17 11:01:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/09/20210917-OYT1I50053-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)