読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

台風14号、松山市付近に再上陸…各地で大雨や強風の恐れ

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

◆台風情報はこちら◆
台風の影響で強い風雨の福岡市街(17日午後3時46分、福岡市博多区で)=浦上太介撮影
台風の影響で強い風雨の福岡市街(17日午後3時46分、福岡市博多区で)=浦上太介撮影

 台風14号は17日午後7時前、福岡県福津市付近に上陸し、その後、18日午前0時過ぎに松山市付近に再上陸した。18日にかけて四国、近畿を横断し、同日夜に温帯低気圧に変わる見通し。各地で大雨や強風になる恐れがあり、気象庁は土砂災害や浸水、高潮への警戒を呼びかけている。

 気象庁によると、台風14号は17日午後9時、山口県宇部市付近を時速30キロで東へ進んだ。中心気圧は992ヘクト・パスカル、中心付近の最大風速は23メートル。1951年の統計開始以降、福岡県から台風が上陸したのは初めて。

 長崎県島原市では17日午後7時頃、最大瞬間風速30・8メートルが記録され、観測史上最大を更新した。

 南から湿った空気が流れ込んだ影響で、台風から離れた場所でも雨雲が発達しやすい状況になっている。

 18日午後6時までの24時間雨量は、四国で300ミリ、東海で250ミリ、近畿と関東甲信で200ミリ、中国地方で150ミリなど。18日にかけての最大瞬間風速は、九州から東海の広い範囲で30~35メートルと予想されている。

 東海や関東甲信では19日も大雨への警戒が必要という。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2375318 0 社会 2021/09/17 19:03:00 2021/09/18 00:30:03 2021/09/18 00:30:03 台風の影響で強風が吹く福岡市内(17日午後3時46分、福岡市博多区のJR博多駅で)=浦上太介撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/09/20210917-OYT1I50136-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)