読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

12歳の長女へ性的暴行、懲役7年確定へ…最高裁が男の上告棄却

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 静岡県内の自宅で当時12歳の長女を乱暴したとして、 強姦ごうかん 罪(現・強制性交罪)などに問われた男について、最高裁第2小法廷(三浦守裁判長)は15日付の決定で被告側の上告を棄却した。同罪を無罪とした1審判決を破棄し、求刑通り懲役7年を言い渡した2審・東京高裁判決が確定する。

最高裁
最高裁

 2審判決によると、男は2017年6月、就寝中の長女を乱暴するなどした。

 公判では「1年以上にわたり、週3回ほどの頻度で被害を受けた」とする長女の証言の信用性が争われた。1審・静岡地裁は19年3月、証言は虚偽の可能性があるとして同罪を無罪としたが、高裁は昨年12月、「被害者にしか語れない具体性と迫真性がある」と述べ、同罪の成立を認めていた。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2375478 0 社会 2021/09/17 19:59:00 2021/09/17 19:59:00 2021/09/17 19:59:00 最高裁判所。東京都千代田区で。2020年11月8日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/09/20210917-OYT1I50134-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)