読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

小1妹暴行死、17歳を少年院送致…母ネグレクトで一人で世話「少年にのみ責任負わせるのは酷」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 小学1年の妹(当時6歳)に暴行して死亡させたとして、傷害致死の非行事実で家裁送致された大津市の無職少年(17)について、大津家裁は17日、少年審判を開き、第1種(旧初等・中等)少年院送致とする保護処分を決定した。横井裕美裁判官は、妹が死亡するまで母親が1週間帰宅せず、少年が一人で家事や妹の世話を強いられていた事情に触れ、「責任を少年にのみ負わせるのは酷だ」と結論づけた。

 少年法は16歳以上の少年が故意に被害者を死亡させた事件は、原則として検察官送致(逆送)するよう定めている。しかし、横井裁判官は少年の背景事情を考慮し、「更生するために刑事処分ではなく、保護処分が適切」と判断した。

大津家裁
大津家裁

 決定によると、少年は7月22日~8月1日、市内の自宅で妹の顔や腹などを複数回殴ったり、蹴ったりし、1日に外傷性ショックにより死亡させた。

 少年と妹は母親と3人暮らし。母親が7月頃から自宅に帰らないことが増え、妹が亡くなるまで1週間不在だった。少年が家事や妹の世話を一人でする中、妹の言動に腹を立て、暴力を振るうようになった。

 横井裁判官は決定で、「わずか6歳の生命が奪われた結果は重大」とした上で、少年について「幼少期から暴力やネグレクト(育児放棄)を受け、人と深い関係を築くことが難しい未熟な性格だった」と指摘。「閉鎖的な空間で、頼れる人もいないまま、過大なストレスを感じる状況で事件が起きた」と保護処分が相当とした理由を説明した。

 また、児童相談所が、少年らがネグレクト状態に置かれていると認識しながら、一時保護などの措置を取らなかったとも指摘した。

 少年と妹は別々の児童養護施設で育ち、4月から母親と3人で暮らし始めた。少年が8月1日、市内の公園近くに住む人に「妹がジャングルジムから落ちた」と虚偽の内容の119番を依頼し、事件が発覚。少年と妹は7月21日未明にコンビニ店で警察に保護され、滋賀県警が「ネグレクトの疑いがある」として県の児相に連絡していたが、児相は家庭訪問をしていなかった。

 児相の村田隆次長は「経緯は第三者が検証中で、コメントできない」と話した。

  後藤弘子・千葉大教授(少年法)の話 「結果は重大だが、事件の背景に母親のネグレクトがあり、少年もある意味で被害者と言え、妥当な決定だ。児相が適切に対応していれば事件を防げた可能性がある。県は経緯を検証し、今後、少年が社会に帰ってきた時に適切な支援ができるよう考えなければならない」

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2375791 0 社会 2021/09/17 21:56:00 2021/09/18 09:42:23 2021/09/18 09:42:23 大津地方裁判所。滋賀県大津市で。2020年11月16日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/09/20210917-OYT1I50154-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)