読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

台風14号、東海沖で温帯低気圧に…和歌山では突風被害

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

◆台風情報はこちら◆

 西日本を横断した台風14号は18日午後3時頃、東海沖で温帯低気圧に変わった。次第に天気は回復する見込みだが、関東甲信では19日の明け方にかけて大雨の恐れがあり、気象庁は引き続き、土砂災害に警戒するよう呼びかけている。

 気象庁によると、九州に上陸した台風14号は、18日未明に四国へ再上陸した後、近畿を通過し、東海沖を東へ進んだ。四国から関東では1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降った。

竜巻とみられる突風で屋根瓦などが飛ばされた建物(18日、和歌山県美浜町で、本社ヘリから)=近藤誠撮影
竜巻とみられる突風で屋根瓦などが飛ばされた建物(18日、和歌山県美浜町で、本社ヘリから)=近藤誠撮影

 和歌山県美浜町では18日午前0時過ぎ、竜巻とみられる突風が起き、民家など約50軒で屋根瓦が飛ばされたり、窓ガラスが割れたりする被害があった。和歌山地方気象台は、台風の接近に伴って活発な積乱雲が上空を通過していたことや、被害が帯状に広がっていることなどから、突風は竜巻だった可能性が高いと判断した。風速は約45メートルと推定されるという。

 気象庁によると、関東甲信では19日明け方にかけて局地的に非常に激しい雨が降り、最大瞬間風速30メートルの強風が吹く可能性もある。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2376368 0 社会 2021/09/18 05:53:00 2021/09/18 21:43:22 2021/09/18 21:43:22 台風14号の影響とみられる突風で屋根に被害が出た民家(18日午前11時39分、和歌山県美浜町で、本社ヘリから)=近藤誠撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/09/20210918-OYT1I50097-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)