読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

岩手ぐらし、あると思います…「天津」木村卓寛さんら移住PRへ

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

木村卓寛さん
木村卓寛さん

 岩手県は今年度、県内への移住・定住を促すため、「いわて暮らしアンバサダー」を新設する。就任するのは、盛岡市在住のお笑いタレント「天津」木村卓寛さん、作家の柏葉幸子さん、雫石町在住の漫画家そのだつくしさんの3人。著名人の視点から、県内の住み心地の良さを発信する。

柏葉幸子さん
柏葉幸子さん

 3人は今後、県の移住PRイベントや広報番組への出演、コラムやイラストの執筆、SNSや動画投稿サイトを通した魅力発信に努める。今月下旬に委嘱状の交付式を予定している。

そのだつくしさん
そのだつくしさん

 「あると思います」が決めぜりふの木村さんは、兵庫県姫路市出身で今春、岩手朝日テレビの番組MC出演をきっかけに盛岡に移住。夏には家族を呼び寄せ、一家で暮らしている。柏葉さんは花巻市出身で、本県を舞台にした児童小説「岬のマヨイガ」の作者。そのださんは盛岡市出身で、漫画「ずったり岩手」で日々の暮らしをつづっている。

 都市部で猛威を振るう新型コロナウイルスの影響で、地方移住への関心が高まっている。達増知事は「3人は継続的に岩手の魅力を発信している。移住・定住の促進を広くアピールしてほしい」と期待を寄せている。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2378354 0 社会 2021/09/19 08:47:00 2021/09/19 08:47:00 2021/09/19 08:47:00 岩手への思いを語る天津木村さん(3月31日午後1時31分、盛岡市で)盛岡市に移住した木村さん。「街なかで買い物や食事をすることはあると思います。見かけたら声をかけてください」と話す(3月31日、同市の自宅で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/09/20210918-OYT1I50025-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)