読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「黒い雨」訴訟、原告以外の80人も被爆者手帳の交付申請へ…政府が救済検討の方針

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 広島への原爆投下後に降った「黒い雨」訴訟で、国の援護対象区域外にいた人でも被爆者と認めた広島高裁判決を受け、原告弁護団は19日、区域外で黒い雨を浴びたとする原告以外の約80人が、10月中に被爆者健康手帳の交付申請を行うと明らかにした。政府は、原告以外も救済を検討する方針を示していた。

 申請する約80人は、原告弁護団などが広島市内で18、19両日に開いた相談会の参加者。これまでに20人以上が個別に申請しており、計約100人となる。相談会には他に約240人が申し込んでおり、今後、申請を進める方針。手帳が交付されれば、医療費が原則無料になる。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2379556 0 社会 2021/09/19 21:31:00 2021/09/19 21:31:00 2021/09/19 21:31:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)