高3女子を「小屋の中で殺害」と供述、夫婦再逮捕へ…ナイフの血液DNA型も一致

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京都墨田区の高校3年の女子生徒(当時18歳)の遺体が山梨県内で見つかった事件で、警視庁は群馬県渋川市の職業不詳小森章平(27)、妻の 和美いずみ (28)両容疑者(死体遺棄容疑で逮捕)を殺人容疑で20日に再逮捕する方針を固めた。

小森和美容疑者
小森和美容疑者

 捜査関係者によると、2人は8月30日頃、山梨県内かその周辺で女子生徒の首をロープで絞めた上、刃渡り約19センチのナイフで背中を刺して殺害した疑い。

 遺体は同31日に山梨県早川町内の県道脇の小屋で見つかった。刃物を防ごうとした際にできる防御 そう と呼ばれる傷はなく、首を絞めて抵抗できない状態にした後、さらにナイフで刺した可能性があるという。小屋に残されていたナイフに付着した血液のDNA型が女子生徒と一致した。

 事件前、章平容疑者が女子生徒とSNSでやり取りしていたことに和美容疑者が腹を立て、同28日に呼び出していた。調べに2人は「小屋の中で殺害した」と供述したという。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2379955 0 社会 2021/09/20 00:05:00 2021/09/20 10:16:22 2021/09/20 10:16:22 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/09/20210920-OYT1I50005-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)