読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

鳴りやまぬ抗議電話…「激辛カレー」教員いじめ処分、焦りが生んだ市教委の「拙速」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 神戸市立小学校の複数の教諭が同僚に「激辛カレー」を無理やり食べさせるなどのいじめを繰り返していた問題で、加害教諭が市教委から受けた休職の分限処分について、市人事委員会が処分を取り消す異例の裁決を出した。「不祥事を早期に収束させたい」という市と市教委の焦りが、拙速な手続きの背景にあった。(大背戸将)

教員いじめ問題を巡る市教委の記者会見。前代未聞の不祥事に多くの報道陣が詰めかけた(2019年10月9日)
教員いじめ問題を巡る市教委の記者会見。前代未聞の不祥事に多くの報道陣が詰めかけた(2019年10月9日)

■処分は違法

 市立東須磨小学校の加害教諭4人が休職の分限処分を受けたのは2019年10月31日。関連条例の改正案が市議会で可決されたのは29日で、市教委は同日、加害教諭側に1日以内で弁明書を提出するよう求めた。加害側のうち30歳代の男性2人は「十分な弁明機会が与えられていない」と市人事委に不服を申し立てた。

 市人事委は今年8月2日付の裁決書で加害教諭側の主張を認め、「手続きに重大な 瑕疵かし がある」と指摘。市教委が示した処分説明書には、存在しない条文や不明瞭な処分理由が記載されていたことも判明した。

 裁決書では「処分は違法で、取り消しを免れない」と指弾。市教委は裁決の受け入れを決め、分限処分によって差し止められていた約4か月分の給与とボーナスを2人に支払う。

■市教委の秘策

 裁決でずさんな対応が批判された市教委だが、当時は市側にも「混乱を一刻も早く収めたい」との焦りがあった。19年10月4日に市教委が一連のいじめを公表すると、市民からの苦情が殺到したためだ。

 調査の間、4人は有給休暇扱いで自宅謹慎となっていた。それが更なる批判を招き、抗議の電話が鳴りやまなかった。市幹部は「市教委は対応に追われ、まともに仕事ができる状態ではなかった」と振り返る。

 市教委は、4人を厳しい処分にするかは調査後に判断する方針だったため、市側は急場をしのぐ「秘策」を考えた。それが「重大な不祥事を起こし、起訴される恐れがある職員を休職の分限処分にできる」とした改正条例の制定だった。

1

2

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2380919 0 社会 2021/09/20 13:25:00 2021/09/20 18:48:33 2021/09/20 18:48:33 記者会見に臨む東須磨小の仁王美貴校長ら(9日午後5時25分、神戸市中央区で)=大石健登撮影2019年10月9日撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/09/20210919-OYT1I50122-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)