読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「大麻は危険ではない」誤情報を鵜呑み、若者の摘発が増加…「使用罪」新設求める声も

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 山口県内で20歳代以下の若者が大麻取締法違反容疑で摘発されるケースが増加している。インターネットなどで「大麻は危険ではない」という誤った情報に触れていることが一因とみられる。県は若者に大麻の違法性を知ってもらうため、ツイッターで動画配信を始めるなど、対策に乗り出した。(立山芽衣)

大麻の違法性を訴える動画の一場面(山口県提供)
大麻の違法性を訴える動画の一場面(山口県提供)

 「海外で合法になったというニュースを見て、興味を持った。作れるようになりたいと思った」。大麻取締法違反(栽培)に問われた男(22)は4月に山口地裁であった公判で、証言台に視線を落として答えた。

 判決などによると、男は温泉施設で知り合った男たちに「1グラム5200円で買い取る」などと大麻の栽培を持ちかけられ、昨年11月頃に防府市内で大麻草10鉢の栽培を始めた。

 メッセージのやりとりの履歴が残らないスマートフォンのアプリを使い、栽培方法のアドバイスを受けていた。そして、今年1月、ほかの20歳代の男3人とともに逮捕された。

 男は公判で「なんでやってしまったのか。両親や彼女に申し訳ない」と反省の弁を述べた。山口地裁は男に懲役1年6月、執行猶予4年の判決を言い渡し、確定した。

1

2

3

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2380886 0 社会 2021/09/20 12:51:00 2021/09/20 12:51:00 2021/09/20 12:51:00 大麻の違法性をまとめた動画の一場面(県薬務課提供) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/09/20210920-OYT1I50006-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)