読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

ソバの花、かれんな白色と香り一面に

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 鳥取市鹿野町で、白いソバの花が見頃を迎えている。

一面に広がるソバの花(鳥取市鹿野町宮方で)
一面に広がるソバの花(鳥取市鹿野町宮方で)

 ソバはタデ科の一年草で、市の第3セクター「ふるさと鹿野」が鳥取県鹿野町内の計約30ヘクタールの農地で「信濃1号」という品種を栽培している。

 8月に種をまいたもので、花の見頃は10月中旬まで。その頃から収穫を始め、ソバは乾燥させた後にそば粉に加工。同社が運営する「鹿野そば道場」などで使われるという。

 同社の山村洸二郎課長(37)は「かれんな白い花を見に来てもらえれば。独特な香りも楽しんでほしい」と話している。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2381010 0 社会 2021/09/20 15:21:00 2021/09/20 15:21:00 2021/09/20 15:21:00 辺り一面に咲いたそばの花(鳥取市鹿野町宮方で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/09/20210920-OYT1I50032-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)