読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

高3女子殺害容疑、夫婦を再逮捕…遺体発見現場のロープ両端から2人のDNA型

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京都墨田区の高校3年の女子生徒(当時18歳)の遺体が山梨県内で見つかった事件で、警視庁は20日、死体遺棄容疑で逮捕した群馬県渋川市の無職小森章平(27)、妻の 和美いずみ (28)両容疑者を殺人容疑で再逮捕した。遺体発見現場の小屋の中にあったロープの両端から両容疑者のDNA型が検出されたという。

小森和美容疑者
小森和美容疑者

 発表によると、2人は8月30日頃、山梨県内かその周辺で女子生徒の首をロープで絞め、ナイフ(刃渡り約19センチ)で背中を複数回刺して殺害した疑い。2人は当初の調べに「車にあったナイフとロープで殺した」と供述していたが、章平容疑者は再逮捕後、「弁護士が来てから話す」と認否を留保し、和美容疑者は黙秘している。

 遺体は同31日に山梨県早川町内の小屋で見つかった。章平容疑者は女子生徒と約2年前からSNSで連絡を取り合っており、警視庁は和美容疑者が腹を立て、女子生徒を呼び出したとみて経緯を調べている。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2380828 0 社会 2021/09/20 11:55:00 2021/09/20 22:24:01 2021/09/20 22:24:01 警察官に連れられ向島署に入る女(31日午前10時28分、東京都墨田区で)=大石健登撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/09/20210920-OYT1I50073-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)